正しい治療でキレイに治す!ニキビ治療

焦らずに正しい方法を選択する

思春期はもちろん、大人になってもお肌の永遠の悩みの種のひとつがニキビです。お肌のケアをしていてもできてしまうことがあり、どうしたらいいのかと考えてしまうこともあります。特に顔にできる場合はできるだけ早く治したいと誰もが考えることです。ただ、ニキビの治療では早く治すことよりも、正しい治療方法で時間をかけても丁寧に治療することがポイントです。早く治したいあまりに自己流の治療をすると、かえって悪化することを招き、跡が残ることもあります。ニキビは悩まなくても皮膚科などの医療機関で適切に治療を受けることができます。医療機関を受診することで、正しい治療を受けることができます。それは跡を残さずに治すために必要なことです。

薬は飲み切ることが大事

皮膚科でのニキビの治療にはさまざまなものがあります。代表的なものが外用薬や内服薬です。ニキビは毛穴に皮脂が詰まり、そこにアクネ菌などの雑菌が繁殖して炎症を起こすことで起こります。そのため、まずは炎症を抑える必要があります。このため、抗生物質などが処方されます。抗生物質を服用するときに大事なことは医師から処方された分量を正確に飲み切ることです。よく経過が良くなったからといって途中で服用を止めるケースがありますが、それでは体内に菌が残っている可能性があり、再発のリスクがあります。焦らずに飲み切ることが大事です。また、同時に肌のバリア機能を高める治療も行われます。これは皮脂が詰まりにくいようにすることで発生のリスクを抑えるものです。これらの治療をすることで安全に治し、再発のリスクを下げることができます。